施工事例

北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」

北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」
北九州市門司区「狭小地に建つ二世帯住宅」

お客様との出会い


S様ご家族との出会いは、「見学会」がきっかけでした。

当時はアパートにお住まいだったS様ご家族。3人目のお子様の出産も控え、さらにご主人が長男という事でご実家の2世帯住宅への建替えを検討されているところでした。

「かかりつけの大工さんもいるのですが、どうしようか迷っていて・・・」ということで、まずはいつものようにお金の整理から始めていきました。

既存の家には車が1台しか止められなかったので、今回の計画では車2台の駐車スペースの確保がカギでした。

とてもタイトな敷地のうえ、さらに二世帯住宅。2階のS様世帯の広さの確保に頭をひねりましたが、ヒアリングと提案を重ね、理想的なプランが出来上がっていきました。

家づくりのはじまり


そしてはじまった家づくり。

今回は、予算内でどれだけの空間を確保できるかがポイントでしたが、その問題も何とかクリアーし、家族が楽しく暮らせる高性能なエコ住宅が完成しました。

「両親のため、家族のため、、、」 このためにはじまった家づくり。ご相談の途中で3人目のお子様も生まれ、大変な時期でもありましたが、さらに楽しい家づくりとなりました。

生活スタイル、動線、それぞれの居場所、、、打合せを重ねるたびにかたちが見えていきました。

狭小地に建つ二世帯住宅


【外観】
屋根はシンプルな片流れで、丈夫なガルバリウム鋼板葺き。外壁は白の石目調をベースに茶色の石目をアクセント色としました。コントラストが素敵な外観です。
狭小地に建つ2世帯住宅

【玄関】
共用の玄関は最小限のスペースに抑え、階段はご両親の様子も見れるようリビング階段としました。

【水廻り】
スペースを有効に使うため、お風呂と洗面は共用に。

【寝室】
寝室は10帖の和室としました。シングルベッドを2台置いてもなお、ゆとりのある広さです。
10帖の寝室(和室)

【LDK】
階段を上がると勾配天井のLDK。階段下も無駄なく収納スペースとしました。
勾配天井&梁見せの広々リビング

キッチンは広さを確保するために壁付け(背面)キッチンとしました。
広く使える壁付けキッチン

【収納】
特記したい点は、リビングと子ども部屋一室をつなげるウォークスルークローゼット。
これからのスタンダードになりそうな収納の形です。
こども室とリビングをつなぐウォークスルークローゼット

【ロフト】
固定式の階段を上がると、10帖の広々としたロフト。使用頻度が高いのであれば固定階段の方が便利です。
天井高の制限はありますが十分使えます。狭小地に建てるならぜひ欲しいスペースです♪
子ども室のロフトスペース

こども室にもそれぞれはしご式のロフトを設けました。

私たちの考える エコな住宅


ウレタンと遮熱の二つを合わせた工法を採用したことで、冬5℃暖かく夏5℃涼しい家となっています。吹抜けやリビング階段は寒いから・・・なんて言葉とは無縁です♪

屋根には8.1Kwのソーラーが載っていますので、年間で約数十万円の売電を見込むことが出来ます。

お客様の声

お客様より太鼓判をいただきました!ありがとうございます(*^^*)


1年程前にたまたま近所で見学会があり、初めて安枝さんにお会いしました。その頃主人の両親との同居が決まり、古い実家を建替える事に決めました。

狭い土地ながら、二世帯住宅やグランドピアノ・介護ベッドなどの条件があり、他社にも色々と相談してみましたが費用が高すぎたり全部は無理と言われました。

イーホームさんが一番気軽に、でも一番真摯に相談に乗ってくれ信頼できる方と確信しました。

かなりワガママなお客だったと思いますが、色々な変更も対処して頂き、とても素敵な家を建ててもらえました。

家族で力を合わせてお仕事されている所も素晴らしいです。これからもお世話になると思いますが、良い家をありがとうございました。(*^▽^*)

お問い合わせ

北九州で建てる注文住宅会社のお問い合わせ
北九州で建てる注文住宅会社の資料請求