施工事例

北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」

北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」
北九州市門司区「狭小地ならではの究極の高効率住宅」

お客様との出会い


Y様との出会いは、お問い合わせをいただいたことがきっかけでした。

当時は社宅にお住まいでしたが、家族が多く手狭だったこと、年頃のお子様のためにお部屋を作ってあげたいという思い、そして年齢的にも社宅を出て若い社員に…という時期でもあり、新築を検討されていたそう。
しかし転校しなくて済む校区内に、予算がとどく土地も見つからない…と問題も色々ありました。

マンションは考えていないという事で、木の家のお話をさせていただきました。
構造よりは場所にウエイトがあったので、まずは中古住宅のリフォームを検討するため、事務所へお越しいただくことになりました。

家づくりのはじまり


そしてはじまった家づくり。
今回は中古物件のリフォームのご相談からのスタートでしたが、融資の関係や、新築の計画でも予算内で購入できる算段ができたため、新築で建てることに。

家族が楽しく暮らせる高性能なエコ住宅が完成しました。

「子供たちに、お友達をよんで遊べる部屋を。」そんな思いからはじまった家づくり。
普段の生活スタイル、日課、趣味、動線、それぞれの居場所、、、打合せを重ねるたびにかたちが見えていきました。

狭小地ならではの究極の高効率住宅


【外観】
屋根はシンプルな片流れで、丈夫なガルバリウム鋼板葺き。
壁はホワイトの石目調をベースに茶色の木目をアクセント色に。コントラストが素敵な外観です。

狭い敷地でも車を2台止められるよう工夫されています。

【玄関】
コンパクトな玄関ですが奥のホールと相まってゆとりを感じられます。

【キッチン・ダイニング】
壁付けキッチンとしました。すぐそばに冷蔵庫と作業台があり、コンパクトならではのキッチン配置は作業効率もバッチリです。造作のキッチン作業台は収納も兼ねています。

水廻りは横一直線に配置し、家事動線もしっかり確保しました。

【畳コーナー】
ご主人お気に入りの小上り空間もあります。小上がり部分も有効に使い、収納を設けました。

【2階リビング】
2階へ上がると6帖のリビングスペース。みんなが手軽に使える場所に造った本棚がポイントです。
少し遊びを取った2階ホールはコンパクトですが、勾配天井のおかげで広く感じられます。

皆で使える本棚も造作しました。

【納戸】
納戸は2帖と4帖の2か所確保しました。
4帖の納戸には棚をつけているので、部屋としても使うことができます。

【こども室】
子ども部屋はの収納は、ハンガーパイプと可動棚を組み合わせました。

【ロフト】
そしてもう一つ階段を上がると、お家で一番広いロフトスペース。
天井高に制限はありますが、狭小地には欲しいスペースです。

私たちの考える エコな住宅


ウレタンと遮熱の2つを合わせた工法を採用していますので、冬5℃暖かく夏5℃涼しい家となっています。

お客様の声

お客様より太鼓判をいただきました!ありがとうございます(*^^*)


事務所に伺って、土地購入から新居完成までの説明を受けました。その中で住宅ローンの返済や家づくりに関しての資金計画について、詳しく教えて頂きました。

一時諦めかけていたマイホームでしたが、問題点をクリアしていく為に、時間を惜しまずにご指導くださいました。安枝さんと出会えて遠い夢だと感じていたマイホームが身近な現実に変わっていきました。

このご縁に本当に感謝しています。

お問い合わせ

北九州で建てる注文住宅会社のお問い合わせ
北九州で建てる注文住宅会社の資料請求