家づくり

OB様に聞いた!家づくりの失敗・後悔談

2021年04月26日

 

3回建てないと理想の家にならない、なんて言われるほど、納得のいく家を建てることは難しいですよね。

間取りを自由に設計できる注文住宅なら尚更です。

そこでOB様から伺った「もっとここを考えておけばよかった」「ここはイマイチだった」など、
「住んでから気付いた失敗・後悔ポイント」をご紹介いたします。

これから家づくりをされる方の参考になれば幸いです。

 

①注文住宅のここを失敗:間取り編

注文住宅のここを失敗:間取り編

玄関
  • リビングを広くしたくて玄関ホールを1帖にしたけど狭かった。玄関の広さは心の余裕につながると思った。
  • 玄関を広くとりすぎた。もう少し狭くして、その分パントリーにまわせばよかった。

玄関の使い方はそれぞれあると思いますが、

  • 朝の出勤通学や家族でお出かけする時に並んで靴を履けるか
  • 来客時に玄関が混雑しないか
  • 傘や普段履きの置き場はどうするか

といったポイントを見学会などで実際に体感してみると、必要な広さが分かりやすいと思います。

 

リビング
  • リビングのドアを開けると玄関まで丸見えになってしまう。

配置をずらす、壁を作る、カーテンやのれんなどで簡単に目隠しする、などで対策できます。

 

キッチン
  • 来客時にキッチンが見えない間取りにすればよかった。

リビングとキッチンダイニングの位置をずらせると、部屋に入ったときキッチンが目に入りません。

また、キッチン横に壁を作る、対面キッチンの笠木を高くするなども、手元を隠すのに有効です。

 

トイレ
  • トイレがリビングの近くだと音が気になる。

リビングには常に家族の誰かがいる状態だと思います。そうなると音は気になりますよね。

防音扉にする、トイレに行くまでの通り道にもう一つ扉を付ける、などで対策できます。

家族の生活動線を考えて配置するといいですね。

 

ベランダ、バルコニー
  • ベランダの掃除をするのに、2階にも洗面があるとよかった。
  • バルコニーで布団を干すなら、奥行きがあるとよかった。

 

②注文住宅のここを失敗:収納編

注文住宅のここを失敗:収納編

キッチン
  • キッチン用品のストックを置く場所が少なかった。

パントリーがあれば便利ですが、難しい場合はキッチン近くにリビング収納と兼ねて使える収納をつくると便利です。

その際は棚の奥行きは浅めがおすすめです。

 

トイレ
  • 棚の位置が高くて使いづらい。

前後につくことが多い棚ですが、窓の有無や扉の関係で位置が高くなることがあります。

棚を付けたいところに窓があると棚の位置は高くなってしまいますし、窓にかぶさるように付けると開け閉めが難しくなることも。

トイレの場所にもよりますが、可能なら考えておくとよいでしょう。

 

寝室、子ども部屋のクローゼット
  • クローゼットの奥行きが深く、物が取り出しにくい。

服だったら肩幅、布団の場合は3つ折りにした状態が収まる幅が目安。

それ以上に沢山仕舞いたいからと深くしてしまうと奥の物を取り出しづらかったり、引き出しが使いづらかったり、無駄な空間ができることも。

何を収納するのか考えて作ることが重要です。

 

③OB様に聞いた!考えておけばよかった編

OB様に聞いた!考えておけばよかった編

「もっとここをこうしていれば…!」「もし次に建てるならこうする!」というポイントをご紹介。

 

玄関の換気

  • ウォークインだと空気がこもってしまう。小さい換気用の窓を付けたらよかった。

 

オープンシューズクローゼットの目隠し

  • スライドドアやロールスクリーンなどを付けていれば、来客時にサッと目隠しできた。

 

玄関の匂い対策

  • 消臭効果のある塗壁や、エコカラットなどの調湿消臭タイルを貼っておけばよかった。

 

姿見、コート掛け

  • 自分でするよりも、先につけてもらった方が安心。
  • ホールにコート掛けを置くことはできるけど、見えない位置に作るとなると後からは難しい。

 

ポストの位置

  • 玄関から離れた場所にあるが、朝起きてスッピン部屋着で取りに行くので少し人目が気になる。玄関横がマスト。

 

子どものランドセルや教科書置き場

  • 子どもが小さいうちはダイニングで勉強したり一緒に準備をしたりするので、棚を置くスペースとかカウンターとか、考えておけばよかった。

 

キッチンのゴミ箱の置き場所

  • パントリーを作ってその中にゴミ箱も収納できたらよかった。

 

キッチン水栓の高さ

  • 子どもの水筒を洗うのに、縦にできる高さがあると使いやすかった。
  • シンクの深さとのバランスが大事。

 

勝手口の屋根

  • 屋根を付けなかったのでサンダルが濡れてしまう。

 

室内干しスペース

  • 外気の問題で外に干しづらい日もあるので室内干しスペースは作るべきだった。洗濯機が置いてある1階にあるといい。

 

2階の部屋にもシャッター

  • 防犯・台風対策に、寝室と子ども部屋にもシャッターを付けておけばよかった。

 

おわりに

案外、間取りはよく考えたけれどその他の細かいところまでは気が付かなかった、という方が多いのではないでしょうか。

実際にその家で暮らしてみないと分からないことは沢山ありますよね。

  • 今の生活で困っているところはどこなのか
  • 将来の生活の変化を具体的に想像
  • 生活動線を考える
  • 取り入れたい優先順位を決めておく

というところが、失敗や後悔を少なくするポイントのように思います。

いかがでしたでしょうか?

弊社では実際に住まれるお家をご見学いただける完成見学会開催していますので、ぜひ活用してより納得のいくお家づくりを楽しんでくださいね♪

イーホームのイベント情報を見る

 


子育て設計基地 イーホーム株式会社
〒802-0043
福岡県北九州市小倉北区足原2丁目10-16 B棟

TEL:(093)952-1060 FAX:(093)952-1061
フリーダイアル:0120-4106-39
e-mail:info@e-home.asia

お問い合わせ

北九州で建てる注文住宅会社のお問い合わせ
北九州で建てる注文住宅会社の資料請求